こうしちゃんのこと

 2016-03-14
私の鳥飼いの大先輩、コミたんのママことCさんから「ピースケ君色のストラップを見つけたので送ります♪」というお手紙が届き、ホワイトフェイスのオカメさんが描かれたレジンのストラップをいただきました(人''▽`)

ピースケに似ていますね(^-^)
koushi5.jpg

桜のチャームがついていて、背景も桜柄でこれからの季節にピッタリです♪
Cさん、ありがとうございました<(_ _)>
koushi1.jpg

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

今回のCさんからの手紙で、Cさんが愛鳥を亡くされていたことを知りました。

Cさんのお宅では、コミドリコンゴウインコのコミたんのほかに、サザナミインコ1羽とセキセイインコ3羽を飼っていましたが、昨年12月にセキセイの『こうしちゃん(女の子 3歳)』が天国に行ってしまいました。

この写真は亡くなる10日前のこうしちゃんです。
koushi.jpg

こうしちゃんは、1年半前にメガバクテリア症(AGY症、マクロラブダス症とも呼ばれます。真菌が原因で起こる病気で、胃障害を引き起こします。)を発症してしまいました。
最初にかかった病院では「そのう炎」と誤診され、どんどん具合が悪くなってしまい、慌てて別の病院に連れていき、入院治療を受けて一命をとりとめました。

しかし、メガバクは、胃の損傷が大きいと、治っても後遺症が残ってしまうことがあるそうです。
こうしちゃんは、メガバクの後遺症が胃癌に発展してしまったのではないかと主治医の先生から説明されたそうです。


メガバクは、セキセイインコに広く蔓延しており、購入した段階で既に保有している例が非常に多く、発症すると死亡することもあります。

しかし、早期発見・早期治療で未然に発症を防ぐことができる病気でもあります!

ですので、セキセイインコを購入したら、すぐに鳥専門病院で検査を受けて、もしメガバクを保有していたら早期に治療を受けることをおすすめします。

Cさんは「こうしの命が誰かの命に繋がるかもしれないなら、救われます。」と言って、我が家のブログにこうしちゃんの話を載せることを快諾してくれました。

実は、マメのお迎え当時、私もパパも鳥に健康診断を受けさせるなんて考えもしていませんでした(ll゚д゚)
Cさんから、こうしちゃんの話を聞いて、心配になって健康診断を受け、メガバクとPBFDを早期発見し、どちらも治すことができたのでした(。-艸-。)
(その話はこちら→「マメちゃんの問題」


ハルクインのこうしちゃんの羽根色と同じ白い花を送りました。
きっと、今は天国で白く美しい羽根を羽ばたかせて元気に飛び回っていると思います(´∇`)♪
koushi3.jpg

現在、Cさん宅の鳥さんたちは、みんな健康診断を受けて、元気でにぎやかに暮らしているそうです(*^^*)

こうしちゃんのおかげで救われたマメも、Cさんちの鳥さんたちも、みんな天国のこうしちゃんの分まで元気で長生きしようね‼︎

こうしお姉ちゃん、ありがとでしゅ♪
koushi4.jpg



ランキングに参加しています!ポチっとお願いします♪



にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ
にほんブログ村

カテゴリ :鳥の病気と健康 トラックバック(-) コメント(10)
タグ :
コメント
ぴいひょろさん、コメントありがとうございます(*^^*)

メガバクはセキセイインコに蔓延していますが、オカメではあまり聞きませんね⁈
うちのピースケもメガバクは保有していませんでしたよ(^^)v

オカメは長寿の仔は20年以上生きられるそうですから、ピリカちゃんも、ピリカちゃんにそっくりなピースケも、このままずっと元気で、20年以上長生きできるといいですねo(^▽^)o
【2016/03/19 09:11】 | マメピーのママ #- | [edit]
マメピーのママさん、こんばんわ!
こうしちゃんの命はみんなに繋がってると思います^^
マメちゃん早期発見できてよかったね。
メガバク知りませんでしたよ。
鳥さんもガンになるのですね。
鳥さんの病気=そのう炎と思ってしまいますが
実際いろいろ原因があるのですね。
予防も出来るのなら沢山の人に知っておいてほしいです。
ぴいひょろも今回お勉強させていただきました^^
【2016/03/18 22:37】 | ぴいひょろ #- | [edit]
ともりんさん、コメントありがとうございます(^人^)

こうしちゃんは、雛の頃から大切に育てられ、仲間とにぎやかに暮らしていたので、短くとも幸せな鳥生だったと思います(*^^*)

こうしちゃんが教えてくれたことを、私がここで伝えることで、メガバクで苦しむ鳥さんや、悲しい思いをする飼い主さんが、少しでもいなくなるといいなと思います。

本当に販売する人々にも、売られていく鳥たちの幸せを願って、病気の鳥を減らす努力をしてほしいし、もっとお迎え健診の大切さを知らせてほしいですね!

そして、マメとメルちゃんは、早期発見・早期治療で病気を克服して、こんなに元気で長生きしています!と、みんなのお手本になれるように、がんばらないとですねp(^_^)q
【2016/03/16 00:12】 | マメピーのママ #- | [edit]
あおいさん、コメントありがとうございます(^人^)

本当に売る側も命を扱っているという自覚を持って販売してほしいです!
うちのマメをお迎えした時に、確かにショップの店員さんから、「メガバクは広く蔓延しているので、ほとんどのセキセイが保有しているものと思ってください。」とサラッと説明されましたが、そんな死ぬかもしれない怖い病気とは聞いていませんでした(>_<)

残念ながら、知識不足のショップや、ちゃんと鳥を診れない病院はまだまだあると思います。

今回記事に書いたことで、メガバクは手遅れになると本当に怖い病気であること、早期発見・早期治療がとても有効なこと、そして、信頼できる鳥専門病院を見つけておく大切さを、一人でも多くの飼い主さんに知っていただければと思いました。

以前、あおいさんからマメのレジンのストラップをいただいて、今回、Cさんからピースケのレジンのストラップをいただいたので、2つ揃いました♪
ありがとうございましたm(_ _)m
【2016/03/15 23:29】 | マメピーのママ #- | [edit]
ピヨジジさん、コメントありがとうございます(^人^)

オカメグッズと言えば、ピーすけくんみたいなノーマルグッズかルチノーグッズで、ホワイトフェイスはなかなか無いから珍しいんですよ(≧∇≦)
やっぱりほっぺが赤くないとオカメっぽくないからですかね^^;

白いお花は、Cさんもとても喜んでくれて、こうしちゃんの写真の前に飾ってくれているそうです( *´艸`)
こうしちゃんは女の子だし、きっと喜んでくれていますね(*^^*)
【2016/03/15 21:22】 | マメピーのママ #- | [edit]
こうしちゃんの3年間は、きっと仲間や家族の皆さんとの楽しい暮らしで幸せだったと思います。
病気が発覚して、さぞかしご家族の方々は胸を痛めた事でしょう。生きるという希望を持って治療を頑張っていた事でしょうね。どうか、少しでも心の負担が早く落ち着く事を願います。そして、こうしちゃんが今は元の姿で虹の橋でお友達と一緒に楽しく暮らしている事を思い描いてくれているといいなぁと、思います。
こうしちゃんのご冥福を心からお祈り致します。
病気の早期発見、早期治療は、マメちゃんもメルもこれで命が救われたのですものね。
命には大きいも小さいも無い。みんな平等です。
言葉の喋れない鳥や動物は飼い主の判断が大切です。
ペットショプなど生き物を扱うのなら、売られる子達の幸せも願って欲しいものです。
お迎え検診の大切さなど、ショップから飼い主になる人に情報を提供する事も大切だと思います。

【2016/03/15 19:10】 | メルのお母さんこと、ともりんです。 #- | [edit]
おはようございます。

メガバクについては、本当にショップの知識不足を感じます。
PBFDもですが、感染の蔓延は売る側の責任も多いと思います。

こうしちゃん。まだ3歳。
誤診がなければもっと長生きできたのかもしれません。
飼い主さんの心情を思うと、本当につらいと思います。
メガバクの検査は熟練の先生なら、糞便検査でも発見できるそうなので、鳥さんを見てくれる病院の普及と、鳥さんの医学の発展。そして、それにかかわるお医者さんの経験知の向上を願います。

ご冥福をお祈りします。


以前、マメちゃんのグッズと一緒にピースケ君も探してみたのですが、なかなか見当たらなかったです(^▽^;)
でも、このレジンはそっくりですね。
【2016/03/15 07:06】 | あおい #- | [edit]
シロめっちラピ母さん、コメントありがとうございます(^人^)

本当にショップでちゃんとメガバクの有無を調べて、治療してから販売してくれればいいのに!と思います。
安心して健康な鳥さんをお迎えできるなら、その分値段が高くても、その方がずっといいです!

私は、マメをお迎え当時、まさか店で購入した鳥がそんな怖い病気を持っているなんて思いませんでした。
もし、Cさんにメガバクの怖さを教えてもらわなかったら、マメはメガバクを発症してPBFDによる免疫不全で命を落としていたかもしれません(゚д゚lll)
早期発見で治療できて、Cさんには本当に感謝しています(人''▽`)

シロめっちラピ母さんは、いいブリーダーさんからシロくん達をお迎えしましたね(*^^*)
みんな雛の時に健康だったなら、大人になって免疫力も強くなっているでしょうから、健診を頻繁に受けなくても、きっと問題ないと思います(^▽^)
課題は発情抑制ですよね(~_~;)
色々な方法を試して、効果のある方法を見つけていくしかないのでしょうね^^;
【2016/03/14 23:21】 | マメピーのママ #- | [edit]
ピースケくん色のストラップ、可愛らしいですね。

こうしちゃんのご冥福をお祈りいたします。

ハルクインのこうしちゃんの羽根色と同じ白い花を送りました。

マメピーのママさんの優しいお気持ちは、こうしちゃんにも伝わっていることと思います。
【2016/03/14 23:01】 | ピヨジジ #- | [edit]
こうしちゃんのご冥福をお祈りしますm(__)m
3歳なんて、まだ若いのに、残念でしたね。。。
飼い主さんも、こうしちゃんの辛さを感じて、とてもお辛かったと思います(TT)

シロをお迎えしてから、色々ネットで調べるようになって、メガバクのことを知ったので、シロは生後4ヶ月頃に健康診断に行きました。結果は異常無しでした。
めっちとラピは、すぐにお迎え健診に行きました。
皆、異常無しでした。
同一のブリーダーさんなので、大丈夫だったのだと思います。
その後、半年に1回健診に行っていましたが、引っ越してからは、ておしか病院に連れて行っていません。

ペットショップで、メガバクの保有を調べて、必要であれば投薬をして完治させてから、販売して頂きたいのに、その分高価になっても、結果、一緒なのに!
と思います。
そうしていったら、将来メガバク根絶につながって、投薬もしなくて良くなるのに!
ブリーダー単位では、根絶されてあるところも、多いと思います。

発情抑制は、先が見えない部分が多く、困っていますが、メガバクは根絶できるのでは?と思います。

マメちゃんがメガバクとPBFDを早期発見・早期治療してもらって、本当に良かったと思います(TT)
身体の不調をかかえる鳥さんって(生き物全部ですけれど)、本当に可哀相です(TT)
【2016/03/14 21:32】 | シロめっちラピ母 #nQ5bPT7s | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫