引出しの中の「仕切り」製作 【後編】

 2015-07-20
では、いよいよ作業開始です。
僕は電動ドリルで作業をします。これだけの作業ですと、電動ドリルがないと結構大変だと思います。

作業は家の中でやります。床に傷がつかないように要らなくなったバスタオルを敷きます。
それだけでは心細い作業の時は、更に板などを敷いて、床には絶対に傷をつけないように気をつけます。
室内で作業される方は組み立てよりも、床に傷をつけない事に気を付けてください。
k9

今回は接合に12mmの木ねじと20mmの木ねじ2種類使いました。
20mmのねじは、板の両側に梁を付ける部分で使いました。
5mmの板を10mmの梁となる角材で挟む形になるのですが、この時は1本のねじで貫通させます。

この時、ねじが最初に貫通する10mmの角材は、いきなりねじを入れると割れてしまいます。
そのため、僕はその最初にねじを通す角材には、予めねじの太さくらいの細いドリルで穴を空けておきます。

この作業を室内でやる場合は、十分すぎるほどの床の養生をしてください!!
勢いあまって床までドリルがいってしまっては大変です。僕はドリルの下に厚めの板を2枚余分に敷きます。
理想は、ドリルの刃の長さ以上に作業するポイントを高くすることです。もっと理想は外でやることです。
k8

まずは最初に書いたフリーハンドの図面の通り外枠を組み立てます。
外枠ができましたら、改めて寸法を測り、間違ってないことを確認して引出しに合わせてみます。
この時、大き過ぎたり小さ過ぎたら修正が必要です。
ちょっとでも大きいと入らない(>_<)ということになりますので、まず、この段階で確認しておきましょう。
k10

ピッタリなことを確認したら、次の作業へと進みます。
中の細かい仕切りを組み立てていきます。

中の仕切りも完成しました。
k11

完成した中の仕切りと、最初に作った外枠を合体させます。
外側から写真のようにしっかり固定します。
k12
k13

完成したものを引出しにセットします。今回のものはピッタリでしたが、プッシュ・オープン式の引出しの場合、隙間があるとガタガタ言ってしまいますので、段ボール紙などで隙間をふさいで動かないようにすると良いかもしれません。
k14

そして避難させていた「中身」を元に戻して完成です♪
k15

同じ部材、作製方法で、キッチンの引出しのフライパン整理棚も作ってみました。
こちらは、フライパンを重ねて収納していたため、使い勝手が悪かったので、横に並ぶようにしました。
上記の仕切りはネジでの固定のみでしたが、こちらの整理棚は、出し入れの際、フライパンが棚に当たります。
強度を上げるために、ネジ止めする前に全ての接合面に木工用ボンドを塗布しています。
k16

写真では分かりにくいかもしれませんが、手前に来る取っ手が斜め上にくるように寸法を決めて側面の壁をつけるのがミソです(^^)




 
ランキングに参加しています!ポチっとお願いします♪



人気ブログランキングへ

カテゴリ :DIY トラックバック(-) コメント(2)
タグ :
コメント
あーちゃんさん、コメントありがとう(*^_^*)

9じのおしらせ、きにいってくれたんですね♪
マメちゃんもよろこんでます!

また、あそびにきてくださいね(^v^)
【2015/07/21 16:44】 | マメピーのパパとママ #- | [edit]
まめちゃん9じをおしらせします、がおもしろかったよ。
まめちゃんは、とべるように、なったんだね。
よかったね。^_^
【2015/07/21 14:00】 | あーちゃん #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫