引出しの中の「仕切り」製作 その2

 2015-07-27
前回に続き、袋などを収納している引出しの仕切りを作りたいと思います。

仕切りがなく、多種多様なものを収納している様子です。
si1.jpg

今回は仕切が少なく、仕切り部分に触れることが多いのと、どんどん物を入れていくと膨らむ圧力もかかるので、前回とは異なり、17mm厚のパネルを使うことにしました。

前回同様イメージ図を書きます。
今回も単位はmmで統一します。
si2.jpg

今回は「外枠」は作らず、仕切りのみで構成します。

採寸し、部材の寸法を確定し、必要数を確認した上で、またしてもホームセンターに行きます。
今回は前回とは違う店です。
図形の計算なので、小学校以来の頭の使い方かも知れませんね。

今回用意したカット済みパネルです。
si3.jpg

板が厚いので、ねじも買いました。
40mmの木ねじ、皿タイプで20本用意しました。
計算したら12本でした、10本入りでしたので、2つ購入です。
今回は板とカット、ねじ代で合計2,000円ちょいです。
si4.jpg

まずは買ってきた板を図面通り引き出しに置いてみます。
この時点で寸法ミス等がありましたら修正しないといけません。

仮置き。図面通りです。
si5.jpg

次に組み立てです。今回はねじ止めだけですので簡単です。
ただ、40mmの木ねじは電動ドリルがないとかなりキツイと思います。
長いので、途中で斜めになってしまわないよう気をつけます。

仕切りが完成しました(^^)v
si6.jpg

引き出しにセットします。ほぼ予定通りです。
si7.jpg

あとは「中身」を戻して終了です。
si8.jpg

★DIYが好きな方は、電動ドリルを一つ購入してもいいかもしれません。
アタッチメントを交換するといろいろ出来て便利ですよ!
僕が使っているものはコード式で5,000円くらいでした。
si9.jpg





ランキングに参加しています!ポチっとお願いします♪



人気ブログランキングへ

カテゴリ :DIY トラックバック(-) コメント(0)
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫