ハナコのこと

 2015-11-08
マメピーママです♪

今回は、私が実家で飼っていた犬のハナコのお話です。

ある日、母の友人が犬のサブ君の散歩をしていたら、知らない仔犬がトコトコとついて来てしまいました。
サブ君は家に着くと、仔犬を我が家に入れまいと吠えまくりました。それでも仔犬は家の前から離れません。
母の友人は仔犬をいったん保護して、仔犬の飼い主を探しました。しかし飼い主は見つかりませんでした。

その後、その仔犬は私の家に引き取られ、ハナコと名付けられました。
hana1.jpg

ハナコはすくすくと成長し、けっこう大きくなりました。柴犬より一回りくらい大きかったと思います。
ちょっとおバカだったけど、黒い毛並みがツヤツヤで、手足の長いカッコイイ犬になりました(^^)v
hana2.jpg

ハナコは散歩が大好きでした!
散歩の準備をしていると、しっぽをぐるんぐるん回して喜んでいました(≧∇≦)
お気に入りの公園に散歩に行くと、まだ遊びたい!と手足を踏ん張って帰るのを拒否しました(^^;)

また、独りぼっちになることが嫌いで、いつも必ず家族の誰かの側にいて、寝る時は必ず家族の誰かと一緒に寝ていました。
特にお留守番は大嫌いで、帰宅すると半狂乱で吠えまくり、それだけでなく、靴や傘など家中の色々な物が破壊されていました(T∇T)

hana3.jpg

晩年は、耳が聞こえにくくなり、目も見え辛くなりましたが、介護や介助の必要も無く、亡くなる前日まで元気で食欲もありました。

ハナコは15歳で天国へ行きました。
おそらく脳出血と思われる突然死でした。

ハナコが亡くなった翌年、父と母は認知症が進行した祖母と同居するため、引っ越す事になりました。

祖母はハナコを怖がっていたし、独身で安月給だった私は中型犬が飼えるような物件に住むことは無理だったし、妹と弟は結婚してそれぞれ子供が産まれたばかりだったので、もしハナコが生きていたら、みんなハナコを飼うことは難しかったと思います。

ハナコはそうなる事を知っていたかのように、誰にも迷惑をかけずにこの世を去りました。
甘えん坊で最期まで家族思いの優しい犬でした。


ランキングに参加しています!ポチっとお願いします♪



人気ブログランキングへ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(6)
タグ :
コメント
ワッチ~さん、ハナコのことを幸せだったと言ってくださってありがとうございます(*^^*)

どんなに可愛がっている子でも、入院中や仕事中に亡くなって看取れないこともあります。
こればかりは運命ですから、どうしようもありません。
ワッチ~さんが何年たっても後悔してしまうほど愛されていたワンちゃんたちはみんな幸せだったと思います。

一家+ゴマ親子の楽しい毎日をいつまでも拝見したいので、みんながず~っと元気で長生きしてくれるよう祈っています♪
【2015/11/10 07:55】 | マメピーのママ #- | [edit]
こんにちは(* ̄ー ̄)

うちも一家を飼う前は三匹の犬を飼ってましたよ(^^)
それぞれ13年~15年生きてくれましたが、やはりお別れは辛いですよね。。
だけど最後の最後まで大好きな家族に見守られて旅立つ事が出来たハナコちゃんは幸せだったと思いますよ!
うちは一匹だけしか看取ってあげれませんでした。。
何年も経つのに今でも後悔です( ノД`)…
だから、一家ともいつかはやってくるお別れ、後悔のない様にしたいです。。
【2015/11/09 15:35】 | ワッチ~ #- | [edit]
ともりんさん、こんばんは♪

ハナコの一生が幸せだったと感じていただけたなら本当にうれしいです。
ハナコの最期は私と父と母とで看取りました。
ハナコは寂しがり屋だったから、最期まで家族が側にいてくれたことは喜んでくれたんじゃないかと思います。

鳥を飼う前は、鳥ならケージの中で飼うから、最期は犬ほどは辛くないかもしれないと思っていたのですが、それは大間違いでした。ピースケとマメといつかお別れの日が来るなんて考えたくないですが、できるだけその日がずっと遠い日になるように大切に育てたいと思います。
【2015/11/09 00:06】 | マメピーのママ #- | [edit]
あおいさん、こんばんは♪

私もハナコのことを、あおいさんのブログで卯月ちゃんを見て思い出しました。
拾われた犬で、女の子なのにちょっと怖い顔つき(すみません^_^;)をしているところがハナコに似ていると思いました。

あおいさんは、こまちゃんのことをとても大切にされていたのですね。
ハーネスやスロープまで準備されて介護する覚悟もしていたのに、突然天国に行ってしまって、その時はさぞかしお辛かったことと思います。
でも、こまちゃんは最後の夜にちゃんとご飯が食べられて、最期まであおいさんとお母さんと一緒にいられて幸せだったと思います。自分だったらそんな最期を迎えたいと思います。

あおいくんも卯月ちゃんもとても大切に育てられているし、あおいさんのおうちに来た子はみんな本当に幸せですね(*^^*)
【2015/11/08 23:37】 | マメピーのママ #- | [edit]
マメピーママさん、こんばんは。(*^^*)
ハナちゃん、寂しがりやで甘えん坊で。きっと家族みんなに愛されていたんでしょうね。晩年も介護の必要なく亡くなる前まで元気にしていたなんて、突然の不幸は悲しいですが15年間幸せな一生だったでしょうね。
きっとハナちゃんも皆さんに最後、迷惑にならないように願ったのかも知れませんね。
ハナちゃん、お利口さんだね。(*^o^*)

【2015/11/08 20:12】 | メルのお母さんこと、ともりんです。 #- | [edit]
なんだか、卯月の前にいたうちの愛犬を思い出しました。
その子も子犬で拾って来た子です。
名前は「こま」、私が付けました。

その子は14歳のお迎え記念日を一カ月過ぎたころのある夜、急になくなりました。
老化は春ごろから感じ始めていたものの、春に病院に行った時には元気でした。
それでも少しずつ、前にできていたことができなくなっていき、家族で「いつかこの子の介護が必要かもね」って話して、少しでも楽な生活ができるようにって、スロープを置いたり、後ろ足を補助するハーネスを買ったりしました。
でも、本格的な介護が必要になる前に、天国へ行きました。
その日の晩御飯も普通に食べて、その日の夜・・急に高い声で鳴き始めたんです・・。
散歩かと思って外に連れ出したものの歩こうとしません・・・同じところをぐるぐる回り始めて「おかしい」と気づきました。
たぶん、もう目が見えてなかったんだと思います。
その後、家に連れて帰り不安そうになくこまを抱きかかえ、それこそ息を引き取る瞬間まで母と一緒にそこにいました。(父は朝が早いので休んでもらいました)

犬も死期を悟るんですね。ハナコちゃんの話で、改めてこまとの思い出を思い出しました。
ハナコちゃんもきっと賢い子で、いろんなことをちゃんと悟っていたんでしょうね。
【2015/11/08 19:54】 | あおい #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫